手sou UranaiGuide

手相占い 結婚線

結婚線とは?

女性なら結婚線を知っている人は多いでしょう。本や雑誌などでよく出てきたりしていますよね。結婚線は小指の付け根の下の部分にある感情線の上にある短い線のことを言います。人によって様々で、長く伸びて他の線と繋がっていることもあるようです。

結婚線は必ず結婚の時期を予測するものという印象があると思いますが、必ずそうとは限りません。内縁や、同居などの恋愛の傾向を表す線とされ、恋愛や結婚を判断する場合となると、結婚線の他にも影響線と印象線を含め鑑定をします。

結婚線で見る結婚の時期

結婚線は、小指の付け根部分の位置から感情線中央部分にある場所で、結婚の時期を見ることが出来ます。結婚線の示す年齢は、中央で女性だと30歳、男性の場合だと35歳くらいで感情線に近ければ近いほど早婚であるとされています。小指の付け根に近づくほど晩婚であるとされています。

結婚線の長さ

側面の短い線の人の場合

側面にある結婚線の場合は、縁があっても長続きしない恋愛を示す物とされています。情事線とも呼ばれています。

複数の結婚線がある人の場合

二筋の結婚線が伸びてそれぞれの線が離れていると、温かくまっすぐな愛情の持ち主だと言われています。でも、早婚の場合だと何らかの原因によって再婚の可能性を示すとされています。

結婚線の良相

薬指の付け根に接している結婚線の場合

良家の相手との縁を暗示をする吉相線とされています。

上向きに接している結婚線の場合

玉の輿を暗示する吉相線だとされています。

結婚線の悪相

ハッキリとした切れ目がある結婚線の場合

夫婦関係やお互いの愛情に破綻がしやすい線とされています。

二股に分かれている結婚線の場合

二股が小さいと別居や遠距離など、大きいと離別を示すとされています。

【注意事項】

上記で記載している手相の見方はあくまで一般的な手相の意味として掲載しています。全ての信憑性や信頼性を有するものではありません。

pickup

Last update:2017/1/24